iPhone5カバー(2) 2012/09/28 01:47 [ お知らせ ]

iphone5カバーのカメラの窓
最初作ったカバーが少し緩かったので、色々試してたら失敗しました。。。orz

そんなわけで、冒頭は作り直したカバーの裏面。
カメラとフラッシュの窓にふくろうのステッチを入れてみました。
これで多少窓がずれてても、ふくろうが横目になってたり上目遣いになってる風に(笑

全体はこんな感じ。
iphone5革カバー
サイズを調整して、表と裏を別のパーツにして縫いあわせたところぴったりになりました。
革も前回より少ししっかりした部分を使用。上の方は、余裕もって作ったので今はクリップを留めてますが、、どうしようか考えてます。
iPhone4用のカバーで失敗したんですが、なまじ紐をつけちゃうと本体が取り出しにくくなるんだよなぁ。

前のカバーで場所のわかりにくかったボタンの位置にステッチして、とりあえずの使い心地は可なのでとりあえずこのまま使ってみよう。

型紙を起こすかは思案中です。
伸びとか感じとか、革によって全然違うので型紙があっても作りながら多少調整が必要な気がします。

スエードなので、いずれ汚れが目立ってくるかなー。とりあえずどこかに飾り房(←タッセル)を付けたい。

再度メモ。

  • ・画面の窓部分のサイドは完成後に湿らせて形を整え、乾かす
  • ・ミュートスイッチの仕様悩み中。今回は穴を開けず場所を示す一本線のステッチのみ
  • 上になるほど革の伸びで緩みが出てくるので、カメラ用の窓は少し下目につける
    しっかりした革を使う場合は、だいたいぴったりに窓を開けてOKでした。むしろ革を伸ばし気味に装着する場合は、窓も少し外側につけなきゃいけないかも。

iPhone5 カバー。 2012/09/23 00:56 [ 革 ]

iPhone5用カバー。

iPhone5が来ました!
カバーを買う前につるっと落としそうだったので、早速家にある材料で作ってみました。鞄にしようと思って買っておいた牛革のスエードです。

私にしては素早く、型紙取りから二時間半くらいで出来上がり。両面のカメラの位置に穴を開けて、一応このまま写真が撮れます。底面のイヤホン、充電も着けたままでオッケー。

他はミュートのところだけ爪で操作出来るように穴を開けたけど、音量とホームボタンは革が薄めなので指で探れば良さそうです。

ジャック部分。

2年前iphone4用にはただの巾着を作って反省したので、ちょっと頑張ってみました。
巾着、着けたままで操作出来なくてとても使いにくかった。

次回のためにメモ。

  • ・ホームボタン、音量ボタンの位置にもステッチ入れて、触ってすぐわかるようにする
  • ・背面と表面の革を分けて裁断し両側縫い目をつける形のほうがそれらしい造りかも
  • ・背面の革は多少しっかりさせた方が形が崩れない(むき出しになる下の隅だけ補強でもOK)
  • ・窓を吊り気味に縫う時は液晶パネルの窓はサイズぴったり開けてもOK。小さめに1mm減らして開けたら、端が多少邪魔になるようです。
  • ・上になるほど革の伸びで緩みが出てくるので、カメラ用の窓は少し下目につけること

今日カバー買おうと思ってたんですが、手触りも良いしそれなりに出来たのでしばらくこれを使おうと思います。

それにしても、新しいのはiPhone4と比べると動作も軽いし通信速度も早そうです。
ただ、以前から使ってるアプリの画面が少し色味が変わって感じるのは明るくなったからかなあ。

→iPhone4と比べてみたら、はっきり白の色味が違いました。4は蛍光色で、5は生成りっぽい。乾燥しきっていない接着剤によるもの、と書かれているのを見かけたのですが、それにしても乾くまで数日から数週間掛かるそう(笑) 色が変わるのを楽しみに待つことにします。