エストニアの編みぐるみ(ぶた) 2012/10/02 02:31 [ 編物 ]

エストニアの編みぐるみ
ちょっと気になっていた本を古本屋で見つけました。
北欧の立体的な模様編みや、伝統的な模様なんかの載っているムックです。
本を開いてみて、余り糸で作ってみようと思っただけの豚の編みぐるみにハマりました。はや、4日で3匹目。

・大きい方 全長14cm(頭からお尻まで)
 並太〜極太
 棒針6号

・小さい方 全長10cm
 中細~合太
 棒針3号

どちらも2色使いの模様編みなのですが、色糸の方を段染めにしてみたのでカラフルに出来ました。

段染め子豚
小さいほうが特にお気に入り。お子さんにあげたら喜ぶかなあ。

編みぐるみの可愛らしさもさることながら、
今まで棒針を4本使って編んでいた筒状の形を、60cmの輪針1本を使って簡単に小さく作る方法が新鮮でした。
これなら手袋の指なんかも輪針1本で簡単。最近はもっぱらミトンばっかり編んでますが、久しぶりに5本指編んでも良いなぁ。

本はこちら。ちょっと中級者向けかも。

iPhone5カバー(2) 2012/09/28 01:47 [ お知らせ ]

iphone5カバーのカメラの窓
最初作ったカバーが少し緩かったので、色々試してたら失敗しました。。。orz

そんなわけで、冒頭は作り直したカバーの裏面。
カメラとフラッシュの窓にふくろうのステッチを入れてみました。
これで多少窓がずれてても、ふくろうが横目になってたり上目遣いになってる風に(笑

全体はこんな感じ。
iphone5革カバー
サイズを調整して、表と裏を別のパーツにして縫いあわせたところぴったりになりました。
革も前回より少ししっかりした部分を使用。上の方は、余裕もって作ったので今はクリップを留めてますが、、どうしようか考えてます。
iPhone4用のカバーで失敗したんですが、なまじ紐をつけちゃうと本体が取り出しにくくなるんだよなぁ。

前のカバーで場所のわかりにくかったボタンの位置にステッチして、とりあえずの使い心地は可なのでとりあえずこのまま使ってみよう。

型紙を起こすかは思案中です。
伸びとか感じとか、革によって全然違うので型紙があっても作りながら多少調整が必要な気がします。

スエードなので、いずれ汚れが目立ってくるかなー。とりあえずどこかに飾り房(←タッセル)を付けたい。

再度メモ。

  • ・画面の窓部分のサイドは完成後に湿らせて形を整え、乾かす
  • ・ミュートスイッチの仕様悩み中。今回は穴を開けず場所を示す一本線のステッチのみ
  • 上になるほど革の伸びで緩みが出てくるので、カメラ用の窓は少し下目につける
    しっかりした革を使う場合は、だいたいぴったりに窓を開けてOKでした。むしろ革を伸ばし気味に装着する場合は、窓も少し外側につけなきゃいけないかも。

iPhone5 カバー。 2012/09/23 00:56 [ 革 ]

iPhone5用カバー。

iPhone5が来ました!
カバーを買う前につるっと落としそうだったので、早速家にある材料で作ってみました。鞄にしようと思って買っておいた牛革のスエードです。

私にしては素早く、型紙取りから二時間半くらいで出来上がり。両面のカメラの位置に穴を開けて、一応このまま写真が撮れます。底面のイヤホン、充電も着けたままでオッケー。

他はミュートのところだけ爪で操作出来るように穴を開けたけど、音量とホームボタンは革が薄めなので指で探れば良さそうです。

ジャック部分。

2年前iphone4用にはただの巾着を作って反省したので、ちょっと頑張ってみました。
巾着、着けたままで操作出来なくてとても使いにくかった。

次回のためにメモ。

  • ・ホームボタン、音量ボタンの位置にもステッチ入れて、触ってすぐわかるようにする
  • ・背面と表面の革を分けて裁断し両側縫い目をつける形のほうがそれらしい造りかも
  • ・背面の革は多少しっかりさせた方が形が崩れない(むき出しになる下の隅だけ補強でもOK)
  • ・窓を吊り気味に縫う時は液晶パネルの窓はサイズぴったり開けてもOK。小さめに1mm減らして開けたら、端が多少邪魔になるようです。
  • ・上になるほど革の伸びで緩みが出てくるので、カメラ用の窓は少し下目につけること

今日カバー買おうと思ってたんですが、手触りも良いしそれなりに出来たのでしばらくこれを使おうと思います。

それにしても、新しいのはiPhone4と比べると動作も軽いし通信速度も早そうです。
ただ、以前から使ってるアプリの画面が少し色味が変わって感じるのは明るくなったからかなあ。

→iPhone4と比べてみたら、はっきり白の色味が違いました。4は蛍光色で、5は生成りっぽい。乾燥しきっていない接着剤によるもの、と書かれているのを見かけたのですが、それにしても乾くまで数日から数週間掛かるそう(笑) 色が変わるのを楽しみに待つことにします。

お知らせblog移動しました。 2012/05/07 00:41 [ お知らせ ]

前のブログが少し使いにくくなってきたので、新しいCMSを入れてみました。
カスタマイズしやすくなるといいなー。

移行元と記事の形式が違うので、詰まって読みにくくなったところも
ありそうですが、、全然読めないところがあったら教えてください。

(→新しい商品のお知らせで載せているサムネイルの写真がIEでうまく
表示出来ないようです。
次の商品入れ替えの時にはちゃんと見えるようにしますので、
firefox、chromeなどで見て頂けると助かります)

・新しいRSS

みつあみのスヌード – レシピ 2012/02/12 06:18 [ ダウンロード出来るレシピ ]

久々に編物をしたので、編み図を作りました。

寒い夜に、肩でも首でも好きな所を温めるスヌードです。
ボタンを外して巻いたり、腕に巻きつけて背中でボタン留めてボレロっぽくしたり
色々出来ますが、もう少し内側にも一つボタンつけて、
オーバースカートにしたらお腹冷えないかも。
(ボレロ風にするならもう少し長く作った方がゆったりします)

ボタンを留めたところ
首がすぐ痒くなるので、買い溜めていたシルクの極太スラブ糸を使いました。

糸自体結構太くなったり細くなったりするので、
三つ編みも縄目の交差の間を5段にしたり、3段にしたり、ランダム(適当)にしています。
(編み図には間3段で載せてますが、糸に合わせて増減してください)

極太の糸だったのであれよあれよと言うまに300g使ってしまいましたが、
肩に掛けて使う分には重さも余り気にならないようです。

開いてる時間にのんびり作って一週間。太い糸を使うとすぐできます。

<衿の開き>
 編み図にも載せましたが、そのまま作るとボタンを開けて使う時に
 端が蝶みたいに開くと言うか伸びるので、もう少し均一な太さにしたい時は
 模様編みの一段目を交差する段(模様編み図の三段目から編み始める)にしてみたり、
 ゴム編みだけ棒針を細めの号数にしてみてください。
 (両方やってもたぶん多少開くので、縄目部分のゴム編みの目数を減らすのが良いかも)
 模様編みと同じ12号で、図の通り編むとこんな感じにゴム編み部分が結構伸びます。
ボタンを外すと

 ※今回のPDFは、編み方を忘れないように手描きでメモしたものです。
  清書中ですが、きれいにしてからにしようと思って温めていると
  アップせずじまいになってしまいそうなので、取り敢えず手書きのままで
  ご勘弁ください。
  なんとか清書出来たらまたアップします。
 ※素材の表示は、使用した糸のラベル記載の内容です。
  ほぼ縄編みなのでゲージすっ飛ばして作りませんでしたorz
 ※普通の二本針や四本針でもOKです。
  輪針は外出先で編む時、人をつつく心配が少ないので使ってます。
  
<<レシピダウンロード>>

【みつあみのスヌード(PDF形式・だいたい手書き)ダウンロード】

追記:書き忘れましたが、長辺に編み足すゴム編みも10段です。

このレシピは個人的な楽しみのために作ったものです。
連絡先はこちら

サーバメンテナンスがありました。 2011/11/27 20:33 [ メンテナンス ]

水曜日以降、羊の店のサーバの不調で一時サイトが見れなくなっていました。
ブログの方も閲覧出来なくなり、お知らせすることが出来ず申し訳ありませんでした。

お店もブログも元に戻り、いつも通り見ることが出来るようになりました。
ご迷惑をお掛けしました。
お店用のtwitterアカウントでも作ろうかなぁ…。

ぬいぐるみ 2011/09/06 05:06 [ 日記 ]

しあわせことり
友達へのお祝いに作ったぬいぐるみ。

手芸メーカーのハマナカのオーガニックコットンのぬいぐるみキット、「しあわせことり」。
飾りの頭巾とグラスアイは自前ですが、基本のぬいぐるみは型紙通りです。

<型紙と違うところ>
・頭と身体の縫い付けは本当はまっすぐ→ちょっと横を向かせて小首をかしげさせる
・刺繍の目→グラスアイ
・首に10cm四方くらいのかぎ針レース編み
・ペンギンみたいに足元がぷっくりするように綿を整える
・くちばしにクローバー→なし

このぬいぐるみの生地、凄く厚地で気持ちが良いタオルで、表は普通の毛足、
裏はちょっとぽこぽこした毛足の短めのタオル地です。
毛足の短めの方がどうも厚地が生かされて触り心地が良い気がするので、
裏を表にして使ってます。
普段手芸店で目にするオーガニックコットンのパイル地よりずっと分厚くて
気持ち良いのでお気に入り。

楽天市場などで手芸店を探すとちゃんと生地だけの販売もあります。

■生地の品番はこれかな。
 H434-201-1 オーガニックコットン パイル(ミルク)
 H434-201-2 オーガニックコットン パイル(モカ)

■型紙付きのキットはこれ。

真鍮切ってきました! 2011/08/19 02:07 [ 作品 ]

真鍮
銀工房こじまさんの銀細工体験に行ってきました!

まずは基本の糸鋸と言うことで、今回は初心者コース、初めての真鍮切り。
自分の好きな形で作って良いんですって~。嬉々として下絵を作りました。

下絵を真鍮に貼っていよいよ糸鋸!
想像するより軽く、さくさく切れました。
結構複雑な形を作ってしまったのでかなり時間がかかりましたが、
切り口のぎざぎざを丁寧に整えて、磨くところまで体験して出来上がり。

今、初心者コースの説明読み直してたら「容易なデザインが良いでしょう」って書いてあった…!しまった。

早速持って帰れてほくほくです。
私は紐を結ぶ穴を作ったので、そのままの形で頂いて帰りましたが、
バッヂにされる方なんかもいるんだとか。

らくがき

下絵の前のらくがきと、できあがり。
持って歩きたかったので、革紐で自作の布かばんの飾りにしてみました(写真上)。

指導してくださったのは息子さんの信一さん。
いつも、お邪魔するとすばらしい細工物や珍しいものを見せてくださるんですが、
体験の時も色んなお話をまじえつつ、丁寧にご指導頂きました。

工房の写真撮らせて頂いたら良かったなぁ。
楽しかったー。次は銀切らせて貰うのかなー。
でも手軽に持って歩けるし、錆びて風合いも変わってきて愛着が出るし、真鍮もいいなぁ。
うふふ、いいもの出来ました!

銀細工体験、いつでも申し込めるそうです。

<銀工房こじま ワークショップ>
http://www.ginkouboukojima.jp/workshop.html

販売開始しました! 2011/08/11 22:45 [ お知らせ ]

新しい玉、お店に入りました~。



ウロコ玉と、パール合わせて7点です。
明るい空のウロコ玉と羊の金具(小玉)
緑の透けるウロコ玉と羊の金具(中玉・大きめ)
桃色のウロコ玉と麻の葉の金具(小玉)
ワインレッドのウロコ玉(小玉)
ウロコ玉(豆玉)のネックレス
パールのネックレス
パールのピアスキャッチ(片方のみ)
すべて一点ものです。
パールのピアスキャッチは、2点写った写真ですが、
どちらか一点を選んでお送りします。
ぜひご覧ください!

販売開始日(8/11夜)のお知らせ 2011/08/10 22:43 [ お知らせ ]

革カバー!
販売開始日、決定しました!
明日8/11(木)夜、販売開始予定です。
それと、今回の金具玉3点のオマケ。冒頭の写真のカバーをつけて、お送りします。
(接着剤は使っていませんので、革紐の結び目を二つほどくだけで外せます)
ちっちゃな荷物タグを二つ折りにしたイメージで、作ってみました。
<明日販売開始の玉>



ところで実は、トンボ玉を作る際使うバーナーに不具合があって、
しばらく修理に出していたのが、今日戻りました!
作りたくても作れないと言うのは何か寂しかったので、
戻ってきて嬉しいです。
早く火を入れて変わりないか見てやらないと。